忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2017/12/12 22:51 |
Unity5のLightmapでマップの影を作成
Unity5はLightmapが新しくなり、Unity4で焼いたLightmapを焼き直す必要がありました。

Unity5のLightmapの初期設定ではGerneral GIのDirectional ModeがDirectionalになっており、この状態ではOpenGL ES 3.0以上のデバイスでないとライトマップが表示されません。
iPhone5等のOpenGL ES 2.0でライトマップを表示するにはNon Directionalに変更します。

 

そのままではTrueColorの大きなサイズのテクスチャができてしまうので、Compressedのチェックを入れると圧縮されたテクスチャが作成できます。

ObjectタブのScale In Lightmapの値で各オブジェクトのテクスチャに焼かれる面積を変更できます。
1枚のテクスチャに収まりきれないときにオブジェクト毎に面積を調整できます。

 

Bakeボタンの隣にあるContinuous Bakingのチェックを入れると、リアルタイムでライトマップが焼かれるので調整が楽になります。

 


2015/03/07 00:06 | Comments(0) | Unity

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)


PR